会社沿革

昭和16年 4月
吉本仙次郎(初代社長)吉本運送店を創設
昭和26年 3月
資本金230万円にて京浜運送株式会社を設立
昭和29年 1月
旧日本鋼管株式会社鶴見造船所と取引開始
鉄骨、橋梁、鋼管等の重量品一貫輸送会社として確立
昭和36年 4月
自動車整備業を開始
昭和44年 4月
旧日本鋼管工事株式会社(後のJFEエ建株式会社)厚木工場内に厚木事業所を開設
昭和54年12月
収容能力2万トンの大型冷凍倉庫を平和島に竣工。倉庫業に進出
昭和55年 1月
海上コンテナ輸送部門を開設
昭和58年 7月
本社及び自動車整備部門を京浜島に移転
昭和58年10月
日栄産業株式会社を設立
昭和61年 9月
千葉県市原市に千葉営業所を開設
昭和62年 4月
同業者20社と共同で東京海上コンテナ輸送事業協同組合(TCC)を設立
昭和63年 5月
大田区東海に東京海上コンテナ輸送事業協同組合(TCC)として世界初の海上コンテナ専用の立体シャーシ駐車場を竣工
平成 3年 2月
産業廃棄物収集運搬業 東京都許可取得
平成 3年 4月
社長に吉本昌且が就任 吉本仙次郎は会長となる
平成 4年 2月
産業廃棄物収集運搬業 横浜市許可取得
平成 4年 4月
旧本社社屋新築(大田区北糀谷)
独居用バリアフリーアパートを併設し高齢者アパートの運営開始
平成 9年 3月
産業廃棄物収集運搬業 川崎市許可取得
平成14年 8月
産業廃棄物収集運搬業 神奈川県許可取得
平成15年11月
社長吉本昌且(現会長)国土交通大臣表彰を受賞
平成15年12月
全日本トラック協会の評価制度「第一回貨物自動車運送事業安全性評価事業(Gマーク制度)」において弊社本社営業所が安全性優良事業所として認定される
平成16年12月
先代会長(初代社長)吉本仙次郎逝去
平成18年 6月
社長に吉本花子が就任 吉本昌且は会長となる
平成18年 7月
千葉営業所を市原市から木更津市に移転
平成19年 5月
(社)東京都トラック協会の推進事業 グリーン・エコプロジェクトに参加
平成21年 7月
JFEエ建株式会社(現JFEエンジニアリング株式会社)厚木機材センター廃止に伴い厚木事業所閉鎖
平成21年12月
千葉営業所が千葉県の安全性優良事業所として認定される
平成22年 2月
産廃プロフェッショナル[収集運搬業(積替え保管を除く)]に東京都から認定
平成23年12月
本社営業所がグリーン経営認証を取得
平成24年 9月
千葉営業所閉鎖
平成26年11月
関東運輸局より安全性優良事業所の継続認定(Gマーク)において、東京運輸支局長表彰受賞
平成27年11月
関東運輸局長より安全性優良事業所の継続認定(Gマーク)において、永年表彰受賞
平成28年 9月
ISO14001 / ISO39001を日栄産業(株)関連事業所、京浜運送(株)収集運搬部門として取得